革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

B細胞

私たちの身体は、産まれながらにあらゆる抗体を保持しています。

原則、1つの免疫細胞が生み出す抗体は1つです。
抗原も数多くありますが、1つの抗原に対抗できる抗体もまた1つです。

ウイルスに対しては抗体の力は弱いので、
これを克服することによって抗体はパワーアップします。
私たちは生きていくなかで、抗体の数を増殖させたり、
強くしたりしていくことでウイルスや病気に負けない健康な身体を維持しているのです。

B細胞とは、リンパ球のひとつです。
抹消リンパ組織に存在しています。
B細胞は骨髄から生成される細胞で、ヘルパーT細胞から命令を受けて増殖をはじめます。
T細胞と異なるのは、胸腺にたよらずに成熟することが可能な点でしょう。

B細胞は、抗原が侵入してくると細胞の表面にある抗体分子の受容体により、
その抗原をくまなく観察します。
これは過去に侵入してきた抗原かどうかを判断するためで、
そのデータはヘルパーT細胞に抗原提示されます。
その抗原に対応するタイプのB細胞のみが、
ヘルパーT細胞から命令を受けて増殖をはじめます。

その細胞はプラズマ細胞と呼ばれます。
これは形質細胞とも呼ばれ、B細胞がもっとも成熟した状態なのです。
プラズマ細胞は、抗体を大量に生成し、放出するはたらきがあります。
これらは血液の流れにのって身体全体を移動し、途中で抗原を確認すると、くっついて破壊します。

役目を果たしたB細胞はほとんど死んでしまいますが、
その一部は「メモリーB細胞」として、抗原のデータをしっかり記憶します。
そして次に生体内に侵入してきたときに、これにはやく対処できるよう備えます。

このようにB細胞はさまざまな抗原を記憶し、
それに対応するプラズマ細胞を増やし、抗体を放出することで身体をまもっています。

予防接種などは、このB細胞の性質を利用したもので、
弱っている、あるいはすでに死んでいる菌を注射で打ち込み、
あらかじめ抗体を作っておくことで、その細菌に侵入されてもすぐに抗体をつくり出すことが出来るのです。