革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

キラーT細胞

キラーT細胞は、細胞傷害性T細胞、またはCTLとも呼ばれます。
リンパ球のT細胞のうちのひとつです。

このキラーT細胞は、ウイルスそのものは殺せませんが、
異常な状態におちいっている細胞を発見するとすぐさまこれを殺してしまいます。
たとえばガン細胞や、ウイルスに感染した細胞など。

これらのような異常な細胞は、ヘルパーT細胞に危険信号を発します。
このシグナルを受け取ったヘルパーT細胞は、インターロイキン2を送り、キラーT細胞を増殖させます。
それはすさまじいスピードで増殖し、パワーアップします。

たとえばインフルエンザにかかったとき、高熱が出て苦しみがピークに達するときがありますが、
これはヘルパーT細胞の命令を受けて、キラーT細胞がウイルスと戦っているためです。

このように、ヘルパーT細胞からの指令があって、
はじめてキラーT細胞はその力を最大限に発揮することができるのです。
がん細胞やウイルス感染細胞を破壊し終わると、
役目を果たしたキラーT細胞のほとんどが死んでしまいます。

しかし、その一部は「メモリーキラーT細胞」として記憶されます。
こうして次に同じ病原体に侵入されたときに、すみやかに対応できるよう備えるのです。

よく耳にするヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、
ヘルパーT細胞に侵入して司令塔としてのはたらきを停止させてしまうため、
病原体が生体内に侵入してもキラーT細胞に命令が出せないので、
増殖させることができず、免疫機能としてのはたらきを果たせません。
結果、免疫力が低下し、さまざまな感染症や病気にかかりやすくなるのです。
また、このヒト免疫不全ウイルスは人間の身体のなかで変異してしまうので、
ワクチンがなかなか開発されないといわれています。

このウイルスにかかると、最終的に後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症してしまいます。
また免疫機能のバランスが崩れてしまうと、アレルギーにかかりやすくなるともいわれています。