革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

免疫の反応とは?

免疫の反応とは、免疫細胞が「自己」「非自己」を区別して、自分ではない、
たとえば、細菌やウイルスなどの病原体である「非自己」を破壊することをいいます。

こうした免疫機能をつかさどっているのが、白血球です。
白血球は、骨髄からつくられています。
白血球には以下のものがあります。

◆単球
 └マクロファージ

◆顆粒球
 ├好中球
 ├好酸球
 └好塩基球

◆リンパ球
 ├B細胞
 ├T細胞
 │ ├ヘルパーT細胞
 | └キラーT細胞
 └NK(ナチュラルキラー)細胞

免疫は、生まれつきからだに備わっている「自然免疫」、
抗原に感染し、これを克服することによって抗体を獲得できる「獲得免疫」に区別することができます。

自然免疫に該当するのは、
◆マクロファージ
◆好中球
◆NK(ナチュラルキラー)細胞
などです。

獲得免疫に該当するのは、
◆B細胞
◆T細胞(ヘルパーT細胞・キラーT細胞)
です。

これらは、病原体を攻撃する方法にも違いがあります。
侵入してきた病原体(抗原)に対して抗体を作り出して、敵を破壊する「体液性免疫」
B細胞はこの「体液性免疫」にあたります。

がん細胞やウイルスに感染した細胞などを、その細胞にひそむ病原体ごと破壊する「細胞性免疫」
キラーT細胞、NK(ナチュラルキラー)細胞がこれにあたります。

免疫の反応は、最初に感染したときより、二度目に感染したときの方が、早く病原体を撃退できるという特徴があります。
これは「獲得免疫」のはたらきを持つ、B細胞とキラーT細胞のもつ特性によって説明できます。

B細胞は、抗原からデータを得てそれを撃退できるタイプの細胞を増殖して抗体をつくり出して退治します。
キラーT細胞は、病原体に感染した細胞を破壊して退治します。
上記の細胞は、次に同じ敵に攻め入られたときのために、メモリー機能を有していて、これにより二度目の感染の際は素早く対応することが可能なのです。

しかしそのメモリー機能も、時間が経ってしまうと免疫反応が低下してしまうといわれています。