革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します

ビル

最新技術と自然との調和

A cell and immunityでは最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす企業を目指します。ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。革新的な技術で世の中を動かす。

サプレッサーT細胞

サプレッサーT細胞とは、制御性T細胞、または調節性T細胞とも呼ばれる、リンパ球のひとつです。
サプレッサー“suppressor”とは、「抑圧・抑制するもの」という意味で、ほかの細胞の免疫反応が過剰になりすぎるのを、抑える働きがあります。
免疫反応が過剰に働きすぎますと、正常な組織まで破壊してしまうので、サプレッサーT細胞の存在は私たちが健康に生きていくのに極めて重要な免疫細胞といえます。

その存在は、多田富雄さんにより1967年に発見されました。
当時の日本は、免疫学後進国で研究者もあまりいませんでした。
ヘルパーT細胞の命令で、活性化された免疫反応は、何らかの細胞の働きで抑制されるとは、研究者の間でも知る人がいたようです。

しかし、免疫反応が引き起こされるメカニズムの研究の方がメジャーであり、免疫反応がどのようにして終わるのかを研究する研究者はいませんでした。
しかも、その働きがT細胞によるものであることが世に広く知られるようになったのは、この多田富雄さんの研究発表からです。
この研究内容が発見されてからは、サプレッサーT細胞についての研究が盛んになり、1970年代後半には細胞免疫学のなかでもピークを迎えました。

サプレッサーT細胞は、脾臓や胸腺に多く見られるといいます。
X線照射やステロイドなどによるアポトーシス(生体内を良い状態に保つための細胞の死)は、あまり引き起こしません。
また、免疫寛容にサプレッサーT細胞がかかわっているのではないかといわれています。
免疫寛容とは、ある特定の抗原に対して免疫反応をすることが出来ない状態(抑制状態)のことをいいます。
この免疫寛容の働きを利用して、スギ花粉アレルギーや食物アレルギーなどのアレルギー症状を改善する治療法もすすめられています。

このようにサプレッサーT細胞は、私たちが生きていくのに不可欠な細胞ですが、その存在が疑問視されているのが現状です。